トップ

漢方で不妊を改善

妊娠しにくい体の状態とは

冷え性や神経質な人は不妊に陥りやすい

赤ちゃんが欲しくてもなかなか子を授かれない夫婦が多いです。20代のうちに結婚して、若いうちに子どもを産むつもりでいても、なかなか妊娠せず30代になってしまったという女性もいるでしょう。年齢が上がるにつれて焦りを感じている人もいるかもしれません。不妊にお悩みならこちら。

夜の営みを十分にやっていても、妊娠しない場合には、体の状態が妊娠しにくくなっている可能性が高いです。相手の男性に原因があるケースも見られますが、女性側の原因としては冷え体質であることが多い傾向にあります。

冷え体質だと、血流もあまりよくありません。手足を触ってみると、普段から冷たくなっていることが多いです。卵巣や子宮も冷えやすく、妊娠しにくい状態になってしまいます。さらに、血管が細いと血液の流れが悪化し、冷え体質を助長することが多いです。貧血や低血圧気味の人も不妊になりやすいでしょう。

また、肌が乾燥している場合にも不妊を招きやすくなります。かかとがカサカサになっていたり、肌が荒れている場合には要注意です。タバコを吸う人やお酒をよく飲む人、体型が標準体型から大きくかけ離れている人など、あまり健康的でない人も妊娠しにくい傾向が見られます。なるべく健康的な生活を心がけることが望ましいです。

体の状態だけでなく性格的な面も大きく関係しています。神経質な性格で細かいことを気にしたりストレスをためやすい人の場合にも、妊娠しにくい状態に陥ることが多いです。ストレスを感じるとホルモンバランスが乱れてしまうためです。趣味などを楽しんで上手にストレスを解消すると、改善されることが多いです。ウオーキングなどの軽い運動などを続けるのも良いでしょう。ストレスが解消されて、体も温められるため冷え体質も改善されます。

Copyright © 妊娠しにくい体の状態とは. All rights reserved.